猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

2日目に旭川に入った理由は、もちろん旭山動物園で・・・(実際の更新日は5月17日)

旭山動物園 アミメキリン♂「げんき」
まずは旭山動物園入り口近くの アミメキリン♂「げんき」君。





旭山動物園 アミメキリン♂「げんき」
ゲンキ君の奥に移っているのはお嫁さんの結ちゃん(だったっけ?)なんだけど、まだ繁殖適齢期に達していない若い♀なのである。で、ゲンキ君は結ちゃんのことが好きすぎて接触し過ぎて(←首を結ちゃんに預けて寄り添うらしい)そんで、結ちゃんが足腰を傷めてしまうので、それで現在は別居中なんんだそうな。





旭山動物園 アミメキリン♂「げんき」
ちょうど、キリンのもぐもぐタイムに訪れたので人がいっぱいで・・・







旭山動物園 アミメキリン♂「げんき」
お客さんの顔を入れずに撮るのが難しかったので↑消してみつつ(💦。






旭山動物園 アミメキリン♂「げんき」
お客さんの顔を入れずに撮るにはアップにするしか方法がないくらい近い場所で見られることに感動。

きっと、ちびっ子は喜ぶだろうなぁ~。

で、この時はまだ雨が降ってなかったので急ぎほかの動物へ動いたんだけど・・・





旭山動物園 カバの百吉君
えっ?なにこれ?っと目を疑ったのは旭山動物園 カバの百吉君。



旭山動物園 カバの百吉君
ビックリしてガラスに張り付いていたらこちらを見に来た百吉君。








旭山動物園 カバの百吉君
で、彼は・・・







旭山動物園 カバの百吉君
目の前から・・・







旭山動物園 カバの百吉君
上へ・・・








旭山動物園 カバの百吉君
向かって行ったんだけど・・・
福岡市動物園にもカバはいるのでカバ自体は珍しくないと思ってたんだけど、こんな風に機敏に動けるカバを見て胸がいっぱいになるくらい感動。(獅子丸しゃんありがとう)





旭山動物園 カバの百吉君
百吉君は物凄いスピードで深さのあるプールを泳ぎ回っているんだけど、撮るのが難しくてこの程度が限度の腕で申し訳ない(💦

これを見るだけでも行く価値はあるなぁっと思った。



ちなみに百吉君はQ州の長崎で生まれ、ここにやって来たんだそうで~
こんな風に広いプールで泳ぎまわれて、ここに来てよかったんだねと思ったんだった。

動物園の動物って幸せになれるか否かは、どこの動物園にいるか+飼育員さんがやる気のある人か、に左右されると思うので、かれはきっと幸運を掴んだんだなと。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-05