猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

猫神さま降臨 

2013/03/18
Mon. 19:50

ささっちゃん部長
是より下、ボツ写真で猫漫画。
ささっちゃん部長




ささっちゃん部長





ささっちゃん部長




@其の壱

WBCが終わったね。

負けたけど戦犯探しみたいな事は止めて、開幕を待ちたい。

怪我人が出なくて、それだけで良かったと思えるんだけど・・・
練習試合で怪我した虎のうえもっちゃんがね。

ほんとお気の毒で御座る。

浅尾君とうえもっちゃんも(?)イタイノイタイのとんで行きますように。






@其の弐

わたしは無宗教で神や仏の存在は信じていない。

けども、なにか事あるごとに「神様・仏さま猫神さまっ」などと
脳内で頼んでいる事が多い。

どんな時に頼るのかというと、懸賞に応募する時とか、くじ引きする時とか
ま、わたしにとって神仏とはその程度の存在なのである。

が~ワタシの頭の中に子供のころからずっと残っている言葉があって
それは「我等が今度の一大事の後生 
御たすけさふらへとたのみもうしてさふらふたのむ一念のとき」っていう
この一文なんだけど、なんかココ数日の間 頭に上るので
これはいったいどこで覚えた台詞だったんだろうか?っと
検索してみたんだよね。

そんで、驚いたんだけど この古っぽい文章の正体が分かったんである。

なんと真宗の「改悔文」とかいう教え?の一文だったんだよね。

小さい頃、仏教会(?)だとかなんとかが出していた絵本が
いっぱい家にあったんだけど、その中に書かれていた文章を
ウン十年も覚えていたという事・・・らしい。

が、ウン十年も覚えていたわけだけれど、大人になった今 
その文章を読んでも意味はさっぱり分からなかったのである(汗。

やっぱり猫神さまがシンプルで良いやね。














さっぱり理解出来なかったという文の原文は↓

もろもろの雑行雑修自力のこころをふりすてて 一心に阿弥陀如来 我等が今度の一大事の後生 御たすけさふらへとたのみもうしてさふらふ (安心)
 たのむ一念のとき 往生一定 御たすけ治定とぞんじ このうへの称名は御恩報謝とぞんじよろこびまうし候 (報謝)
 この御ことはり聴聞まふしわけさふらふ事御開山聖人御出世の御恩 次第相承の善知識のあさからざる御勧化の御恩とありがたくぞんじ候 (師徳)
 このうヘはさだめをかせらるる御おきて一期をかぎりまもりまうすべく候 (法度)





スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/1958-88eeb356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10