猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

まず最初にことわけを(汗。

本日、使っている写真はほとんどが無断借用で御座いまする。

ダメダメ―って場合はすぐさま削除しますのでお知らせください(汗。


ささっちゃん部長
猫好きの皆さんに感嘆の声を上げさせた(驚愕かも(汗))一升瓶と猫写真。




ささっちゃん部長
でもほんとは「ティッシュボックスと猫」を撮ろうとして
それがダメでアップしたという経緯だったんだよね。

で、なぜティッシュ~あーー面倒だ(ゑ)、これ以降チリシで行く(ゑゑゑ)。

なぜチリシ箱と猫を撮ろうと思ったのかというと・・・。



大阪代表ルナちゃん
この美人にゃんこルナちゃんが火付け役だったのである。

(飼い主様 黙ってドロボーして来てごめんなさい(汗))

この後・・・

34469007_1906844538_184small.jpg
なぜか、猫飼い仲間のブログや呟き場などに・・・







dorobo-gazou1.jpg
巨猫とチリシ箱写真が続々とアップされ
「猫ってのはみんながおもっているよりそうとう大きいんだよ、うん」と
ワシが錯覚を覚え始めた頃・・・





銀次郎しゃん
こんなに可愛い子の写真もww。

あまりのサイズ差に慄くワシ(爆。






文太しゃん
ルナちゃんから始まったチリシと猫は・・・







ゴンちゃんと文庫本
実はルナちゃんの飼い主さんの知らないところで・・・







サビちゃんとチリシ
爆発的な(?)拡がりを見せていて・・・





北海道の美人姉妹
いたる所のニャンコちゃんがチリシと記念写真を撮らされていたのだった(笑)。







美人ワンコ メロしゃん
そして、チリシと一緒写真はワンコしゃんまでも巻き込んでいるのだった。








大阪代表ルナちゃん
そして、なにも知らないルナしゃんの飼い主さんが
撮ってくれて~今度は一升瓶と登場のルナしゃん。








ささっちゃん部長
皆さん 比較対象物とねこ写真募集中です(爆。







ささっちゃん部長
ネタがない時に使わせて戴きます(コホコホ。









これ以降、ババの治療についてなので~全然、おもろくないよ(汗。








ババ―の入院手術って何やってんだろ?っと思われている
年寄りを抱えた同胞の皆様のために(?)若干の経緯説明をば。

うちのバーさんですけども帯状疱疹の後 一年間に亘る
ブロック注射等の痛み治療が何の効果もなかったもんだから
「SCS(脊髄刺激療法)」というわりと新しい治療を受けている。

で、そのSCSというのは・・・

 SCSとは、脊髄刺激療法のことで硬膜外腔にリード(刺激電極)を挿入し、電気回路と電池が内蔵された刺激装置から脊髄に微弱な電気を流すことにより、痛みを緩和させる治療法です。手術は通常2回に分けて行われ、まず試験刺激(トライアル)でリード(刺激電極)のみを留置し3日~7日程度で効果を確かめてから、刺激装置の本植え込みをおこないます。本植え込み後は患者用プログラマを使い、患者様が自分の痛みに応
じて刺激を調節し、痛みをコントロールします。50%~70%痛みを軽減することが目標で、鎮痛剤の使用量減少や睡眠時間の増加等QOLの向上が期待できます。また、硬膜外腔にリードを置くため神経を傷つけず、
手術前の状態に戻すことも可能です。



こういう事なんだけども、簡単にいうと痛む箇所に針金みたいのを
突っ込んでね、直接 電気を流すという事をやってるわけ。

薬を飲んだりブロック注射をしたりしても効果のなかった患者さんが
受ける治療なんだそうな。

(帯状疱疹後神経痛
開胸術後疼痛
外傷・放射線治療による腕神経叢損傷
糖尿病ニュローパチー
不完全脊髄損傷
断端痛・幻肢痛
多発性硬化症などなど)

局所麻酔下でリードを硬膜外に挿入し、試験刺激を行います。
痛みの部位に刺激感を感じるよう患者様と話しながらリードの位
置を決定します。試験用刺激装置を使用し、試験刺激(約1週間)を行います。



ということで23日に入院し即日もろもろの検査をし25日に手術と相成ったわけで御座る。


で、25日。

てっきり手術は午後からだろうと踏んだワシら1号2号は
前の晩に遅くまでどんちゃんどんちゃんと飲んでて
朝は死んだように寝てたんよね。

そしたら朝の7時に電話が掛かって来て手術は10時からだから
9時半には病室に来いよとか言われ~朝ドタバタで出撃したんである。

a130325_094805.jpg
病院から見える外はこんな感じで、まるでシンガポールかタイかって感じだよね?。

博多の市街地には海沿いに都市高速道路が通っていて日本離れした(?)
雰囲気が漂っているのである。


窓外の風景
ババ―は個室に入っていて、個室の料金は5250円トイレ風呂付である。

関東からしたら安い?んだろうね?。



a130325_100417.jpg
で、この日のワシのお友は「リ―・チャイルド著アウトロー」と
「元気食堂」(料理本)


ほんでね、針金を突っ込む手術はわりと早く終わって1時間キッカリで
手術室から出てきたんである。

そんで、病室に戻って小一時間ほどは、流す電気の大きさを変えたりと
忙しくなんやかんやしていたんだけども~




130325_115416_20130328161354.jpg
昼の12時半頃には↑の昼食をババ―はペロッと完食していた(汗。

ので、もしも~やろうかやるまいか考えておられる方がおられたら~
手術自体は大したダメージは無く終わるよと、書いておく次第である。

いつか誰かが検索された時に参考になったらいいけどね。

ほんで、ワシらね 病室に付いているのがバカらしくなって・・・



蔵のラーメン
メシ食って来ると言い置いてラーメンを食べに行ったのだった。



スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/1964-9c95a0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10