猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

2月3日の夕食と猫と 

2014/02/04
Tue. 20:18

今日はバ様の通院日で、駐車場で編み物でもしようと思って毛糸持って出ていたんだけど、いつまでたってもバ様が出て来んのよ。

外気温は4℃で一昨日の最高気温21℃からしたら、ガクガクブルブルの寒さで、車の中で凍死しかけてたんだけど(大げさ)2時間後に病院から出てきたバ様が一言「あら?言ってなかった?今日は心電図とる日やったけん、時間掛かるのは分っとったとよ」だって。

駐車場で、刃傷松の廊下になりそうだったよ(ゑ)。

雲丹専務
ということで・・・





P7224120_201402042011286a3.jpg
疲れきっているので・・・





P7154023.jpg
過去の画像で(2013年前期)






P7123983.jpg
誤魔化して・・・・・








P7093950.jpg
終わる。

これ以降、晩御飯記録。





20140204
2月3日 鯖の刺身を胡麻鯖に。

酢で〆ていない、生のままの刺身である。



20140204
で、新の茎ワカメを見つけたので(福岡産養殖)炊いた。で、節分だったので豆を煮た。

五目豆の具は大豆・昆布・椎茸どっさり・蒟蒻・人参・舞茸・牛蒡・・・あれ、七目だ。

大豆は、魔法瓶に洗った大豆と熱湯を入れて、一晩置いて戻した。(←この時点で戻し具合を見て「まだ固い」と思ったら、茹で汁だけ取り出して再沸騰させ、魔法瓶に戻してあと半日置くと良いよ)






で、おまけに



20140204
黒豆ごはん。

戻し汁でご飯を炊いた。ご飯を炊く時の水の半分から三分の二くらいを戻し汁にすると良い加減で色付く気がするよ。

黒豆は水に3時間ほど漬けて、その漬け汁ごと圧力鍋に入れて火に掛け、加圧開始から5分弱火で煮て、その後 火を止めて自然に冷ました。(その煮汁に豆を漬けたまま一晩放置した)

圧力が掛かってから5分だとわりと軟らかめに戻せるので、普通程度で良いんだったら3分でいいと思う。

ワシんトコは年寄りがおるので、柔らかめに戻さんとクレームが出るのでね。







20140204
あとは前日の残り物の煮っ転がしを食べて・・・







20140204
椎茸をアミ焼きして、醤油垂らして食べた。







@其の壱

Q州には(わたしの知る限りだけど)、節分に「イワシの頭を柊の枝に刺して鬼除け厄除けにする」などという風習はない。

この「鬼」って、ひょっとすると~えみしや熊襲の事で、熊襲の住む地であったQ州にはその風習が無いんだろうか?っとふと考えた。

もしくは、生臭い魚の臭いを嫌うような渡来人がいたのかなぁ~。

そういえば、ユダヤ人のエジプト脱出の時に、彼らのうちの一氏族が日本へやって来ていたという「日猶同祖論」なんてのもあるくらいだから~鬼はヘブライ民族だったのかな~なんてね、面白いね。

ダイエットで栄養が足りていないから(?)変なことばっかり考えるよ(汗。








@其の弐

最近、牛蒡は水に漬けてアク抜きしろとか、れんこんは酢水に漬けろとかいう料理の先生が多いけど~牛蒡と蓮根の色が変わるのは、ポリフェノールが空気に触れて色が出ているだけだし、カルシウム、カリウム、アミノ酸などなどの栄養素まで、ポリフェノールと共に捨てている事になるので~テレビに出る料理のせんせが言ってるからって、なんでんかんでん鵜呑みにしちゃいかんよ。

皮なんかむく必要ないよ~軽くたわしで洗うだけで充分。

アクも旨味の内なんだから、取る必要ないよね。

売られている真っ白の水煮のレンコンは、薬品処理されているからあんなに綺麗なんだよ。

危ないぞな。







@其の参

和食というと出汁が命っていうセンセも多いけど~ワシはあんま煮物では出汁とか使わんよ。

煮っ転がしは牛を使うから牛から出汁が出るし、五目豆は昆布入れるし牛蒡からも出汁が出るし、豚汁なんかも豚を使うから出汁は足さないし~出汁なんか使わ無くても、素材の味だけで充分おいしいよ。

料理なんて、要は食べられるものが出来ればいいだけなんだから、自分でハードルを上げる必要ないよね。

















スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2223-c42cbdae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08