猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

続きを読む、以降は通常通りのバカバカしい猫漫画です。5月3日までTOP固定記事(4月3日アップ)




日本人の2人に1人がガンに罹患するといわれていて、そして余命宣告をされた飼い主さんがお一人住まいだということで、とても他人事とは思えません。

猫たちの状態を見れば、ここまで飼い主さんに愛されてきた事が分るだけに、殺処分だけはなんとか免れますように。

明日は我が身。

拡散をお願い致します。










これ以降、猫漫画。



これ以降、飼い主2号と1号(ワタクシ)との会話なんだけど、ただ単に文章で書いても面白くないだろうなと猫漫画にしております。

完全実話で会話そのままなので、分らん方言があったら訊いてつかーさい。

「チキル」は量ることで動詞「チキリ」は量るモノのことで名詞ね(体重計とかスケールとかね)


ささっちゃん部長











ささっちゃん部長













ささっちゃん部長












ささっちゃん部長














ささっちゃん部長
ささっ君、動物病院専売のたかーーーーーーーい療法食を食べてダイエットしているというのに未だ9キロ台だったのである。

体重を量ろうとしたら逃げまどうので、長いこと量ってなかったんだけど、相手が2号だったもんだから油断してたらしい。

コンニャロメ。












@其の壱はお節介

コンデジも携帯もスマホも同じなんだけど、カメラって「撮るぞっ」て決めて「ポチ」っとシャッターを切ると、その時点でカメラが光を取り込んで、そして光を取り込み終わってからシャッターが切れるんだよね。

なので、撮影者がシャッターを押す(またはタップする)瞬間と、シャッターが切れる瞬間は別なわけ。

撮影場所が暗かったり、室内だったりするとね、撮れるまで時間の要るわけよ。

で、ポチッと押したからといって、カメラやスマホを動かすと、実際はまだ撮り終わってない状態の場合が多いわけで(特に、室内での撮影や日陰での撮影の場合はタイムラグが発生し易い)それでピントが合わない写真が多くなるわけで御座る。

なので、ブレないように撮ろうと思ったら、まずカメラを(スマホを)構える時はなるべく脇を〆て、しっかりホールドし、もしも近くに壁があるなら腕を壁に押しつけてみたり、テーブルがあるなら肘をついてみたりして、シャッターを切る瞬間から実際に切れる瞬間までの間、カメラ及びスマホが動かないように固定出来さえすれば、相当の手ぶれはなくなるはず。

スマホのカメラは画素数はあるのに、なんで上手く撮れんのかなーって方は、大抵 このタイムラグの間に動いちゃってる場合が多いみたい。

被写体(猫)が動いていれば、写真のその部分は必ずブレるけど、全体はブレないからね(被写体が動いてブレるのは被写体ブレでこれはしょうがないから数打つしかないけどね(ゑ))



























@其の弐はハムファン危険

ワタシはホークスの調子が悪くて日本シリーズに行けないとなった時は、ずーーーーーーーーっとハムを応援して来たのである。

Q州のホークスと同じく大都市から地方へと本拠地を移したチームだし、応援するに決まってるよね。

でもさ、それがさ「一生懸命にやって努力すれば、俺みたいな選手になれる」と豪語する中田が4番に座り、監督が4番中田が打ったからってベンチで涙を見せるような腹黒いヤツに変り、その上、2軍に落ちても上から目線で「一軍の打者なら抑えられる投球でも、下の選手には打たれることも あると思うんです」などとヌカす半価値を平気で1軍に持って来て使う采配に我慢ならない上に、今度は2刀流などという漫画じみたのまで出して来て、もうO谷劇場なんか見たくないわけよ。

というわけで~今日はO谷君先発だそうだから、もしやられた時はさっさと逃げる先が要るからということで、DVD借りて来た。

っと、日ハムファンの皆様、悪態吐いてごめんなさい。

監督が変わったら悪態止めるけど、O谷君がいる限り・・・以下自粛(汗。

理由は前にも書いたけん、「チビッコが2刀流なんてやらされて、がんばってるのに大人げない」と思われるだろうけど、こういうドラフトの隙を突くような小賢しい真似は許せんのである。

どうせなら、ビンボ球団の広島にでも行けば良かったのに。











@其の参

ホークス打率
1、2,7,8番が酷過ぎるよよよよ~3日に1回しか打たん計算やんけ(絶句。


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2283-42389cf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10