猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

ささっちゃん部長
ワシの帰りの遅い時は、玄関前で泣いているキティなささっちゃん。


今日はこんだこでごめん(汗。

これ以降、保存食作りの記録というか様子。
はるかでジャム作り(マーマレード
4月2日「はるか」を(姉のご友人の実家産)大量に貰ったんだけど、バサマ1人じゃ食べ切れないようだったので~取り上げて(ゑ)マーマレードにしてみることにした。

まず、皮を剥いて、そして噛んでみたんだけど夏みかんと同じように苦みとエグミがあるので~とりあえず夏みかんマーマレードを作る要領でやっていく事に。



はるかでジャム作り(マーマレード
はるか8個かな、皮をごくごく薄くスライスしていって・・・





はるかでジャム作り(マーマレード
たっぷりの水に浸けて、いっしょけんめ揉んで握って絞って水洗いする。

そうすると・・・





はるかでジャム作り(マーマレード
皮からアクや苦みが出て来るんだよね。

で、この作業を5回ほども続け、水の汚れが少なくなってから・・・








はるかでジャム作り(マーマレード
パスタ用の大鍋で、皮を湯掻き、苦みを抜く。

これも5~6回は繰り返すんだけど・・・





はるかの皮を茹でこぼして苦みを抜く
茹でても茹でてもこんな風に色が出るので~繰り返すわけ。

この「はるかの皮を茹でこぼして苦みを抜く」作業は、厳密に何回って言えないんだよね。

その時に使う皮の総量が多ければ、苦みを抜くために大量の水が必要になるので、何度もやらなきゃだし、もしもみかん2個くらいでやるんだったら2~3回もやれば苦みは抜けるし。

ワタシは今回、皮を480g使用したんだけど(実は300g使った)合計7回茹でこぼした。

その苦みを見るのは自分で食べて確かめるんだけど、しっかり苦みを感じるようだったら、ジャムにした場合 恐ろしく苦いものになってしまうので~味見してみて、ほんのり苦みが残ってるなくらいまで頑張るのがコツ、かな。




で、この日の作業はここまでにして、皮は鍋いっぱいに入れた綺麗な水に浸けたまま放置。







はるかの皮でマーマレード作り

そして4月2日、水から引き揚げた皮の水分をしっかりと絞ってから、別にしておいたみかんの果肉と一緒にして混ぜてから、3時間ほど放置する。皮に身の酸味を移して柔らかくするためである。

※みかんの袋と種は苦みがあるので、果肉だけを外して使う。

で、3時間後から、水1カップを足し、実と皮の総量(800g)の半分の砂糖を(400g)3~4回に分けて入れつつ、煮詰めて水分を飛ばしていって、水分がだいぶ飛んだかなというとこでレモンの果汁を1個半分ほど投入。

(※みかん自体が甘くて美味しかったので、酸味が足らないだろうということでレモン果汁を使用)

更に沸騰させ、トロッとしてきたかなというとこで
熱湯消毒しておいた瓶にアチアチのジャムを詰め、瓶詰の後、脱気処理ってのをやってから・・・

(※脱気の方法 鍋に瓶が1/3~1/2くらい浸かる熱湯を沸かし、ジャムを入れた瓶を入れ、瓶の蓋を軽く乗せて20分ほど加熱して(完全に蓋を閉めたらダメ。蓋を置いて緩く閉めた程度)そして速やかに蓋を閉める。脱気が成功していれば瓶をさかさまにしても漏れない。蓋を置いただけで加熱するのは瓶の中に残っている空気を膨張させて追い出すため)


はるかの皮でマーマレード作り
こうなるわけ。

バ様と2号が試食をしたけど「夏みかんマーマレードより爽やかな味」だそうで御座る。




この作り方は夏みかんマーマレードと一緒なので~やってみようかと思われている方の、参考になったらいいけどな。








@其の壱

今日忙しかったのは更に・・・


チーズケーキ





チーズケーキ
チーズケーキを作ったりしてたから。

カロリー計算したら1本当たり130㎉だった。(チーズを半分に減らし生クリームを使わずにヨーグルトで作った)



スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2285-1e222ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10