猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

先日、何の気なしに書いた味噌料理の元に反応があったので、作業工程を撮ってみた↓。

味噌料理の元作成風景(甘味噌)
家になければ1種類でもぜんぜん構わないんだけど、ワシが使うのは数種類の味噌で、味噌は合わせれば合わせるだけ味が複雑になって美味しくなるので、必ず冷蔵庫に味噌を2~3種類は用意している。(今回は西京味噌とQ州で好まれる合わせ味噌)

で、小さいミルクパンを出して来てスケールに載せ・・・

味噌料理の元作成風景(甘味噌)
西京味噌3割程度と合わせ味噌7割程度で150gにして・・・








味噌料理の元作成風景(甘味噌)
そこに引き続き、蜂蜜を味噌の反分量までチキって入れ(50~75g)、続けて砂糖を味噌の量の半分を入れ(50~75g)混ぜ混ぜし、そこに酒を大さじ2~3杯ほど入れて・・・

(蜂蜜が無かったら全量砂糖で。砂糖を使うのを気にしている場合は全量蜂蜜orメープルシロップで)





味噌料理の元作成風景(甘味噌)
弱火にかけて練っていく。

すぐ焦げるから離れられないけど、数分で終わるので、あっちゅー間やけん。







味噌料理の元作成風景(甘味噌)
でね、「これを田楽味噌として塗るにはちょっと緩いな」というトコで火を止める。

そうすると・・・これ以降晩御飯記録。





20140407
4月7日 肉味噌のレタス包み。合挽肉は200g使った。

この肉味噌ね、パンに塗って、とろけるチーズのせてオーブントースターで焼くと飲めるパンになるよ(ゑゑゑ)。



20140407
こんな感じで食べる。


これ、フライパンにみじん切りにしたニンニクと合挽ミンチを入れて焼きつけるように炒めた後、余分な油をキッチンペーパーで吸い取ってカロリーダウン。

そして、そこに玉葱と生姜のみじん切りを入れて玉葱が透き通って来た頃、味噌料理の元を肉100gに付き大さじ1~1.5入れて混ぜ混ぜし、味見して、甘さの方が強すぎると思ったら、醤油を垂らして調整。

最後に葱のみじん切りを入れてさっと火を通したら終わり。

こんだこ。

筍入れたり、椎茸入れてもおいしいよ。麺にのせたりね。



20140407
味噌料理の元だけど、緩めで止めても、こんな風に冷えたら固まって来る。

ココに出しているのは、生野菜に塗ったりごはんに塗ったりしても食べるから。






20140407
で、ワシはダイエット中であるからしてヒジキとツナサラダも食べ・・・








20140407
刑務所と同じ配合のクサイメシもガッツリと(ゑ)(米7:麦3)

使ったのは16穀米と押し麦ともち麦。









@其の壱

ダイエットをやっているもんで、今流行りのダイエット、というか医学的に証明されているダイエットはなんだろうか?っと、図書館で借りまくって、読み漁っている雑誌が・・・

栄養と料理 2009年 04月号 [雑誌]栄養と料理 2009年 04月号 [雑誌]
(2009/03/09)
不明

商品詳細を見る

↑この月刊誌なんだけど、ダイエット以外にも興味深い記事が多いんだよね。

たとえば、鬱症状を呈している人の健康状態を調査している医学者によると、鬱の患者さんは一様に鉄分不足&葉酸不足の傾向がある、なんていう報告なんかが載ってたりするわけ。

ネット上にも似たような記事はいっぱい載っていたので→http://health.neoluxuk.com/index.php/Cat1No/B200/Cat2No/100/


http://hospitalcity.jp/blog/10002398/p10051424c.html


参考までに。

食事で、もしも改善できるとしたら、良い事だしやって損は無いよね。



うちは家族にうつ病の患者さんはいないけど、バ様が春先の今頃に毎年どんよりするので~献立で努力しているんだけど、肉類を毛嫌いして食べんし、ヒジキもレバーも嫌うしで困ったもんよ。












@其の弐


雲丹専務










雲丹専務










ささっちゃん部長












@其の参

今日は西武戦で~うちの投手は、阪神が要らないって言ったのをうちが拾ったスタンリッジ。

で、彼はここのトコ、制球が定まらず危なっかしいので~早めに更新(汗。

猫神様、お願いです。

秋山さんが「ココ」というチャンスで「代打松中」って言わないようにして下さい(ゑゑゑ)。






スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2287-944d37fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10