猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

9月16日の夕食と猫と、食の安全についてと 

2014/09/18
Thu. 18:17

ささっちゃん部長








ささっちゃん部長










ささっちゃん部長
昨日、オリックスの千尋ちゃんにやられてサボりました(汗。

これ以降、晩御飯記録。


ワシはダイエット中であるからして、出来るなら封印したいメニューなんだけどね、2号が何が何でも食べたいというので(2号は、外で食べる↓は、甘すぎるので自宅で食べたがる)・・・






20140916
9月16日 アゴと干し椎茸と昆布でとった出汁で、もつ鍋。






20140916
ここらじゃ、もつは牛もつを使い、下茹でしないでこのまま使う。



20140916
野菜はキャベツ、ニラ、牛蒡(牛蒡は出汁が出るので必須)豆腐、しめじ。

具に舞茸とかのキノコを使うと、加熱されたたんぱく質が凝固するのを防ぐので~気持ち柔らかく仕上がるのでおすすめ。


で、この日のお供は・・・

20140916
ふよう学園で買って来た箸置きのカエルさんと・・・








20140916
豚さん。1個100円でね、裏に穴が開いていないから洗い易い&使い易いよ。









クリック⇒ふよう学園とは福岡市東区松島にある、障がいをもった方々の生活・就労を支援する場所






@其の壱

昨日、美容院に行って髪を切り、白髪を染めた。

いつもなら染毛専門店で1900円で済ませるんだけど、美容院に行ったのは髪の量を減らしたかったら。

わたしは異様に髪の量が多く、一本に結んだ髪の毛の尻尾がホウキのようだと言われ(ムカツク)それで梳きに行って来た次第。

で、今日の尻尾は今までの半分量である。









で、これ以降は食の安全について思う事なので~興味のない方、素人がどう思おうがカンケ―ないねな方は、スルー大歓迎。













@其の弐

私は、お腹が弱いのか?または化学物質に弱いのか、人工甘味料が体内に入るや否や(だいたい20~30分程度で)お腹が盛大にピーヒャララになって、キケンが危なくなるので(???)人工甘味料は食べられないカラダなんである。

これ、笑い事じゃなくてね。お腹が空っぽになるまで痛むので数時間、動けなくなるのである。

で、なぜこうもあからさまにお腹が壊れるんだろうかと本で随分と調べていたことがあるんだけど、人口甘味料って危ないものも多いと書いてあったんだよね。

まず第一に、人工甘味料の安全性は動物実験でしか確認されておらず、人間への影響は今の段階では無いということで許認可されているわけで~これが5年後10年後に「実は・・・」なんていう話が出る危険性もあるわけよね。

たとえば、そこいらで売られているダイエット飲料や子供向けのお菓子やジャムなんかに堂々と使われているアスパルテームは、脳腫瘍を引き起こす可能性が疑われていて、更に、白血病を引き起こす可能性ありといわれてるんだよね。

そんでもってね、スクラロース&アセスルファムKは自然界に全く存在しない化学合成物質で、体の中に入ると腸からは吸収されるけど体内で分解されないもんで、体中を血液と共にグルグルと巡るんだそうである。

で、このグルグルと体中を巡る化学物質が腎臓や肝臓にダメ―ジを与えるのはいいとしても(←大人が自己判断で摂っているのなら、という意味ね)、アセスルファムKの危険度はもっと周知されるべきだと思うんだよね。

というのも、このアセスルファムKは、ラットへの実験でね、母体から胎児へと移行することが分っているんである。

お母さんが口にしたアセスルファムKが、へその緒を通って赤ちゃんの体内に移行するって怖くないかい?。

というか、こんな恐ろしいものを認可した厚労省もいかがなものかと思うけど、その危険性を書かないマスコミもなんだかな、である。

ちなみに、今日の新聞に「人工甘味料で糖尿病リスクが高まる」と載っていたけど、欧米では2年ほど前?くらいから

「動物実験で、アスパルテーム、サッカリン、スクラロースなどの人工甘味料を摂取した後、インスリン分泌が上昇することを報告しました。カロリーはなくとも、体は、カロリーのあるものと同様の反応をするということです。」

と報道されていて、いまさら何?なんである。

砂糖を悪者扱いする人が多いけど、砂糖は天然の甘味料だからね。

摂りすぎなきゃいいってだけのことなのにね。

そんでね、人工甘味料のスクラロースは農薬の開発中に発見されたもので、有機塩素化合物の一種なんだよね。

カネミ油症事件の原因物質や猛毒ダイオキシンと・・・以下自粛するけど、ま、摂る摂らないは自己判断だけど、子供には控えた方がいいんじゃなかろうかと。




ばかちんなワシが読んで、それを書いても読解力に問題ありかもなので、私が読んだ本のごくごく一部をご紹介すると・・・




体を壊す10大食品添加物 (幻冬舎新書)体を壊す10大食品添加物 (幻冬舎新書)
(2013/03/29)
渡辺 雄二

商品詳細を見る









がんになる29の添加物を食べずに生きる方法がんになる29の添加物を食べずに生きる方法
(2014/04/10)
渡辺 雄二

商品詳細を見る










食品の裏側―みんな大好きな食品添加物食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
(2005/10)
安部 司

商品詳細を見る

スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2418-7cd045c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08