猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

10月13日の夕食と猫と 

2014/10/16
Thu. 20:00

20141013
10月13日 和風ハンバーグ、チョモランマ盛り。

付け合わせは・・・




20141013
3種のキノコソテー。








20141013
サラダは食べ放題。









20141012
ごはんも食べ放題(ゑ)。









@其の壱

昨日、9回裏でまたも秋山さんがバントを指示したのである。

9回の裏、1点差で負けていて、1塁にはノーアウトで走者がいて(イデホの代走江川君)、次の打順は松田だったんだけど、秋やまさんはいつものようにバントを指示。

シーズン中に一度しかバントを成功させていない&バントで指の骨を簡単に折るであろう松田に、CS初戦の9回裏、相手の投手は変わったばっかで走者が出てノーアウト1塁、点が入らなければ鷹の負けという場面で、である。

でさ、大方の予想通り、松田がバントを決めきらんわけよ。

そんで、なんどかね、松田もひそうな顔でチャレンジして、成功させようとしたんだけど~ファウルの連続でバントアウトになるだろうなと思ったとこで、秋山さんが方向転換し「バント中止、打ってよし」の指示を出したもんで、それからあの2点が入ったのである。

もしも、あの時。

松田がバントを決めていたならば絶対に負けていただろうなと思うので、昨日のヒーローは、バントを失敗してくれた松田と、秋山さんにベンチで「バントを止めて松田に打たせませんか?」と問い続けていたであろう小川ヘッドコーチ、そして3割打ってもレギュラーとして定着させて貰えなかったのに腐らず踏ん張った吉村と、この3人なんじゃなかろうかと。








@其の弐

昨日、O谷君の2塁打の走塁と、3塁への走塁をどの解説者も褒めちぎっておられたけど、2塁打になったのは鷹の外野と内野の連係ミスで、3塁への走塁がセーフだったのは明らかに松田のエラー。

松田は、記録に残らないようにエラーをする名手なんである。

吉村やイデホの方が、よっぽど守備で使えるのになぁ。









@其の参

きょうも予約投稿で、読み逃げ大歓迎&CSがどうなろうとそっとしておいてね(ゑ)。
きなっちゃん社長
おまけ




ささっちゃん部長






ささっちゃん部長
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2444-ea3abf64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10