猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

水に漬けただけでするっと剥がれてくれるラベルなら問題はないんだけど、往々にして輸入食品のラベルは頑固な粘着剤が使われており、それを綺麗に剥がすのは大変である。

で、私の場合、食品を保存するために瓶のラベルを剥がしているわけで、市販の「ラベルをはがすスプレー」等は安全を期して使いたくはない。

ということで、どうやっているのかというと・・・・


IKEAの瓶のラベルのはがし方

瓶をまず茹でてみる。(注:いきなり熱湯に入れると瓶は割るので、必ず水から茹でないと危険)

茹でると、水溶性のノリを使っているラベルなら擦れば簡単に剥がれるし、ガンコな粘着剤を使ってあるラベルでも紙の部分だけは簡単に落とせる。

ここでキレイになるビンは作業終了なんだけど、IKEAの瓶の場合、どうやっても紙の下の粘着剤が剥がれんでそのまま残るわけ。

で、「水溶性じゃないのなら、油に溶けるかも?」っと思い付いて、編み出したのが・・・





IKEAの瓶のラベルのはがし方
オイルを使う方法。

直前に↑の鍋で茹でているので、タオルの上に逆さまに伏せておくと、すぐさま瓶は乾くので~乾いてからオイルを塗るのが有効で、とにかくなんでもいいから、オイルを塗って、ラップで包んで数時間放置した後に「乾いたスポンジ」で磨くと簡単に落ちるんである。

食品を入れるんだから、ベンジンとか除光液とか使う気になれないけど、サラダオイルやオリーブオイルなら安全なのでね。

で、スポンジで擦るのさえ手抜きしたかったら、粉のクレンザーを常備しておくと楽になるよ。粉のクレンザーを乾いたスポンジに付けて、それで粘着剤を擦り落としていくのである。

すると・・・

IKEAの瓶のラベルのはがし方
くもりは残るけど、安全にラベルを剥がせるのである。

ということで、ニャヲハタ社は・・・
ささっちゃん部長









ささっちゃん部長
と、工場長が言っている通り、ニャヲハタはラベルを剥がしていない瓶も大歓迎しています(爆。




で、なぜ、ラベルをどうやって剥がしているのかをお見せしたのかというと、ニャヲハタの神奈川支部の社員さんが・・・
(ニャヲハタには2人、出張所の社員が存在しているのだけど、そのお二人ともなぜか同県なんである)

ニャヲハタ神奈川支部資材部からの調達品
瓶の中に幹部への貢ぎ物を忍ばせ(爆)空瓶をたくさん送って下さったのである。

で、「ラベルが剥せてないのがあるけど、ごめんね」と恐縮されていたもんで、それで「簡単に剥がせるので心配無用だよ」っとお伝えしたかった、と同時に、保存食を作ってある方でひょっとするとラベル剥がしに苦戦されている方もおられるかな?っと、記事にしてみた次第である。

面倒だったら、瓶は茹でずに水にゆっくり漬けるだけでも紙の部分は剥がれるよ。






今日は是れにて御免。

昨日今日と、やらなきゃいけないことが多くて、珍しく時間に追われていまする。

どうぞ、遠慮なく(???)読み逃げでお願いします(汗。
↓この部分は12月20日の作業記録。

クランベリーとりんごのジャム
クランベリーとりんごのジャムを作り・・・・同時進行で・・・





キウイのジャム
キウイのジャム。

さらに同時進行で・・・







ブラウニーの玉子
玉子を撹拌し、もろもろ突っ込み・・・






洋酒が効いたドライフルーツがいっぱいのブラウニー
洋酒が効いたドライフルーツがいっぱいのブラウニーを焼いた。ドライフルーツとクルミのブランデー漬けは、今年の頭だったっけな?ブランデーに漬け込んで冷蔵庫に入れといたもので、自家製。

スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2507-907ca6a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10