猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

先日、アップしたりんごジャムにどうやってキウイを入れるのですか?とご質問を戴いたので~。
作り方は前回のりんごジャムに、別に煮ておいたキウイを入れるだけなんだけど、ちょっとコツがあるのでそこだけ。

キウイとりんごのジャム
福岡県八女産のキウイをちっちゃかったけど9個使ってます。これを皮を向いて、縦に4つに切って、あとはイチョウ切りして、重さの半分量の砂糖をまぶしておく。

すると水分が出てくるので~1時間後から(何時間後でも良いんだけどね)




キウイとりんごのジャム
火に掛ける。

これを煮ていくんだけど、キウイは加熱すると色が変わって、そんで赤っぽい色になってしまうんだよね。

だから、さっと煮ただけの水分が残っている時点で、火を止めます。

それを・・・

キウイとりんごのジャム
こうやってザルに上げて、スタンバイ。

この時のジュース(水分)は、奥に写っているりんごの鍋(りんごと、りんごの重さの半量の砂糖をまぶして1~2時間置いたもの)これに足して、一緒に煮込んで行く。

(りんごは王林2個、サンフジ2個使用)

それで、りんごが煮詰まって来たなというトコで、半分残っている砂糖の半量を投入。で、混ぜて、水分が減ってきたらレモンを絞って加え(味見しながら)残りの砂糖を入れて、キウイを合わせてひと煮立ちさせて、煮沸消毒した瓶に詰めて完成。

完成なんだけど~脱気処理する時に鍋に入れて瓶ごと暖めるでしょう。その時に、温め時間が(茹で蒸す時間が)長過ぎると、お湯につかった部分だけ、キウイが赤く変色するんだよね。

これは既に実験済みで、実験結果からいうと、茹でるのは20分程度が限界みたいで、40分煮ちゃうと赤くなります。

いろいろと調べてみたけど、キウイの色を変えずに加熱する方法は、今のところ見つかっていないようなので、綺麗に仕上げようと思ったら、極力、火を入れる時間を抑える、ということしかない模様です。



記録、キウイの果肉428g、リンゴの果肉939g




@其の壱

で、りんごジャムの記事の時にご質問を受けたんだけど、その話の中に「形がある時点で火を止めたのに形が残っているのと残ってないのが、半分半分の出来でした」と教えて戴いたんだよね。

だから、検証の為に今回、りんごは王林を2個、サンフジを2個使用したんだけど~仰る通りにあからさまに煮崩れる時間が違ったのである。

王林はしっかり形が残ったままなのに、サンフジはドロドロになったので~やっぱり王林はプレザーブスタイルのジャムに向くというのは当たっているみたい。

時間がない人や、形が残ってない方が良いって方は、逆にフジ系やジョナ系を使うと良いんだろうし~自分が目指す方向に合わせて、りんごの種類を変えるというのも、一つのやり方なんだろうね。

貰いもののりんごがあるからやるor美味しくないりんごがあるからやるってのが、ほんとは理想なんだろうけども(爆。





キウイとりんごのジャム ニャヲハタ定番商品
今日、出来たのは↑で、りんご4個と小さなキウイ9個を使用。写真に写ってないけど、小さなプリンの瓶に味見用も用意している・・・んだけど~作るのは良いんだけどさ、味見が辛いっ。体重が減らんっ(滝汗。




そして前回のりんごジャムの記事にも加筆していますので。







是より猫写真。


ささっちゃん部長
ささっ君が椅子に寝ていたので・・・










ささっちゃん部長
カメラを向けたけど寝ぼけているのか不機嫌そうな顔で・・・・















ささっちゃん部長
この顔を・・・









ささっちゃん部長
こんな風に可愛い顔にする為に・・・・










ささっちゃん部長
指をコチョコチョして、わが身を危険にさらす飼い主1号。













@其の弐

昨日のおやつどんからコメントを戴いてますのでここに。

知らない内に読者になっていただいてた方々、大変ありがとうございます。言葉にならないほどの喜びです。
影ながら支えて下さってたことを知り、感謝の極みてす。
拙い私の文章、明るいとは言えないナイヨウなのに読んで下さって、ほんとに嬉しく思います。
今後はこの事を励みに、病気と戦って行きます。ご心配をお掛けしました。今後とも、なにとぞよろしくお願いいたします。



いまは公開範囲が限定公開になっているんだけど、それを元に戻せるかどうか分らない?ので、いましばらくお待ちくださいだそうです。






スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2553-3d1337a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10