猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

夕方、大急ぎで帰って来て何をやっていたのかというと、猫ベッドの試作。で、試行錯誤しつつ模索?しているので、自身のために記録を。

手縫いの猫ベッド
これは、オール手縫いで作った猫ベッドだけど、手縫いだったから綿を詰める作業も簡単だったのである。ちょっと縫って綿をつめて、また縫って詰めてと繰り返せばいいだけだったからね。

ところが今度はミシンを使うので~作る工程を考えつつだったんだけど、イメージしたのはフリルを布に挟み込んで付けるようにして、別布でアゴ載せ部を足すという方法。

で、実際にどうやったのかというと・・・


円形猫ベッド試作品のサイズ
上記のように丸い布を2枚とキルト芯1枚と、外側の壁になる部分を切り出した。

(↑実際には、この寸法に1センチの縫代をとって、切り出した)

壁になる部分の高さは、自分の手が壁の部分を通過するギリギリのサイズにしてみた。そうじゃないと、綿を詰める作業が大変になるだろうからということである。で、1枚の円形の布の裏に、キルト芯を載せ、しつけ糸を掛け・・・


円形猫ベッド試作の風景
ベッドの底側になる面に、高さを二つ折りにした壁部を、まち針打って、しつけ糸で縫いつけていく。タックやギャザーは意識せずに付けていっても、自然にシワが寄ってギャザーみたいになるので、気にせず行った。がね、わたしは実際には円周+20cmしか余裕を持たせなかったので、ギリギリの長さしか無かったのである。

なので、次回からは円周+30cmで行く(メモ)。




円形猫ベッド試作の風景
めくるとこんな感じでキルト芯が縫いつけてある。

これに・・・・
猫ベッド試作の風景
もう1枚の布を被せるんだけど、中表に合わせる。で、外側から1センチのところをミシンでが――っっと縫って行き、ラスト20センチは縫わずに置いておく。











猫ベッド試作の風景
その、最後20cmほど縫わずに開けておいた所に手を突っ込んで







猫ベッド試作の風景
ひっくり返し・・・・

試作の風景 円形猫ベッド
するとこんな感じになる。

でね、キルト芯が洗濯でよれないように中をテケトーに縫った。そして、今回とった方法は・・・・





試作の風景 円形猫ベッド
壁部の切れ目を合わせて縫ったんだけど~~~
後から考えると、ラダーステッチで閉じる部分を最小にしようと思ったら、まず先に壁部の両端を縫い合わせ輪にして、その輪に縫う時に手の入るだけ縫わずに開けておけば良かったんだと気づく。

ま、また作るだろうから次回の写真で説明するけども・・・・


試作の風景 円形猫ベッド
今回はこんな感じで、上と下と両方が縫い残っているわけ。

で、綿を詰めるだけなら片方だけ開いておけば良いので・・・・・




試作の風景 円形猫ベッド
まず、中側を手縫いで閉じた。


そして・・・・・







試作の風景 円形猫ベッド
手をムリムリっと突っ込んで綿を詰め、最後の口をラダーステッチで閉じて・・・・・・








試作の風景 円形猫ベッド
出来上り。綿は130g入りを3個使った。



で、裏を見ると・・・・





試作の風景 円形猫ベッド
キルト芯を押さえる意味で縫い付けたステッチの線が分るかな?。ちなみに、底部はリバーシブルで、両面使える。

でね、猫ってね 高いトコを好むから椅子の上や出窓やチェストの上なんかに乗っている事が多いよね。
そんなとこで寝ている時に、ベッドごと転落というのがたびたびあって、それで猫ベッドを椅子や家具に固定できる部分があると良いのになといつも思っていたので・・・・・






試作の風景 円形猫ベッド
最後の口を閉じる時に、いっしょにバッグ用のテープを縫い込んだ。

以上、試作品1号の制作過程である。









@其の壱

最後に気付いたんだけど、綿を詰める部分を細くしようと思ったら・・・・

試作の風景 円形猫ベッド
こうすれば手が入らなくても綿入れが容易になる?んじゃなかろうか?。

今度やってみよう。









@其の弐

今日はもう一回行くつもり。

スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2736-fd341912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06