猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

随分と作っているんだけど、まとめて記録に。

@其の壱

先日、グラニーバッグを作ったウールの生地が残ってたんだけど、柄の出方を考慮していたら作られるものが限られるので~自分で使う分には柄が合って無くてもOKなので・・・
バッグインバッグ
バッグインバッグ。右が試作品1号で左の2号には芯地を貼ってみた。








@其の弐

図書バッグ
飼い主2号がイオンのワゴンセール?だとかで、子供用のレッスンバッグを買って来て(500円?だったっけ?)図書バッグとして使っていたのである、が派手過ぎて&見るからにイオン製で、なんかね、嫌だったわけ。

自分用じゃないんだけど返却を頼まれたりして、これを下げて歩くのが嫌だったんだよね。

だから、ハタと閃いて・・・・・



図書バッグ
イオンのバックを裏地にし、外側を、可愛過ぎて使い道が思い浮かばなかった布で表地に。

「前より派手やんけ!園児の通園用みたいやん!。勝手にやってからー」っと文句言われたけど、ワシとしてはOK(ゑゑゑ)。






続く・・・

ブックカバー量産中
@其の参

そして、わけあって(?)ブックカバーを量産中なんだけど、猫に象に鳥。

アニマル柄が好きだったんだと気付いた(汗。







バッグインバッグ
@其の肆

バッグインバッグ試作品3号。

芯地を貼って、持ち手を共布で作ってみた。

サイズは・・・

バッグインバッグ
博多区諸岡のショッピングモール?内の雑貨屋に置いてあったバッグインバッグを、サイズからポケットの数までもろ真似て、作ってみたのだった。







スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2773-4f92bc1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11