猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

ココ1ヶ月?くらいの独り手芸部の記録 

2015/11/21
Sat. 17:44

雲丹専務

今日はどこにもいかず家の中にいて、朝から洗濯三昧(?)で過ごしているんだけど、その理由は~昨日の深夜からうーちんが急に下痢し始め、同時にゲーゲーの連発で、5回も吐いたんである。

ワシのベッドの上で2回も吐いたので、それで洗濯ばっかしているというわけ。

雲丹専務
うーちんは様子を見て病院に連れて行こうと思っていたんだけど、お腹が空いたようで「メシを出せ」と昼前頃に言い始めたので、下痢止めのお薬を餌に混ぜて食べさせた。そしたら「もっとだせ」というので、今のトコ大丈夫そう?で様子を見ている次第である。
プラスナップ
@其の壱

プラスナップを取り付けるパンチ(?)を買った。プラスナップというのはベビー服や介護服なんかでよくつかわれているプラスチックのスナップボタンで~取り付けが簡単で、とても便利である。

もっと早く買えばよかった。で、お友達からニャンコちゃんにと頂戴していた敷き物の生地がしっかりと厚くて立派だったので・・・・


湯たんぽの袋
プラスナップを付けて湯たんぽの袋にした。生地が厚くないと火傷が怖いので~有難う御座います。右のツギハギのやつもお友達から頂戴していた生地の最後の残りを縫い合わせたもの。無駄なく使う。






業務用の糸
@其の弐

糸って割と高いんである。小さい巻きのヤツでも300円くらい、太巻きだと800円ほど、そんであっという間に無くなっていくし、色はいっぱい必要だし~で業務用の糸に手を出した。

業務用の糸
コップに立てて・・・・・






業務用の糸
上から糸を通すようにして使う。





@其の参

先日、お友達のお家用に猫のこたつ敷きを縫って送ったらば、過分にお礼を頂戴してしまい、申し訳なかったので(?)

ザブカバー
北欧柄のザブカバーをお釣り(???)で送ったら、ニャンコちゃんが使ってくれている。良かった。





巨ねこざぶ・角・ねこざぶ・丸
@其の肆

新作、猫用の敷き物・命名は「巨猫ざぶ・ぽっぽ柄」と「ねこざぶ・フリース地」である。

洗った時にすぐ乾くように中綿はキルト芯を使っただけで、裏地に・・・・






ねこざぶ・丸
キルティング生地を使った。色は落ち着いた色目のグリーンである。ポッポ柄は流行りの北欧柄によくある綺麗なピンクなんだけど、室内灯では色が綺麗に出せず無念(汗。


巨猫ざぶ
アイロン台と比較すると分かる?と思うんだけど、小さめの二人掛けソファーの座面ぐらいのサイズである(猫用?ゑゑゑ)。

猫ざぶにはタグを付けているので、椅子とかから落ちないように、どこぞに固定できるようにしてある。






つり下げタグ「巨猫ざぶ」
つり下げタグまで作っちゃって・・・・








巨猫ざぶ&猫ざぶ
お遊び。これは某所に旅立って行った。なにか作りたかったので猫用品になったんだけど、押しつけて申し訳ない。
ニャンズが使ってくれますように(なむなむ。



そして、今日の午後はざぶカバー縫った。




スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/2835-cbc27baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-07