猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

福岡市動物園のアフリカタテガミヤマアラシ African Porcupine / 齧歯目 ヤマアラシ科
アフリカタテガミヤマアラシAfrican Porcupine / 齧歯目 ヤマアラシ科
↑撮影は8月13日 夜の動物園に行った時である。時刻は18時頃だったんだけど、ヤマアラシのご夫婦に赤ちゃんが生まれているからか、獣舎の前はすごい人で、横に動くのは不可能なほど人がいた。
その混雑の中、ワタクシはうんちんぐスタイルで座り込んで、わりと長時間、撮影を続けたんだけど・・・・





アフリカタテガミヤマアラシAfrican Porcupine / 齧歯目 ヤマアラシ科
赤ちゃんが見えた!っと思った瞬間・・・・







アフリカタテガミヤマアラシAfrican Porcupine / 齧歯目 ヤマアラシ科
親御さんがカメラ目線。








アフリカタテガミヤマアラシAfrican Porcupine / 齧歯目 ヤマアラシ科
そして、赤ちゃんを撮りたいワタクシのカメラの真ん前に・・・・










アフリカタテガミヤマアラシ African Porcupine / 齧歯目 ヤマアラシ科
ずんずんずんと・・・・








アフリカタテガミヤマアラシ African Porcupine / 齧歯目 ヤマアラシ科
親御さんがやって来てレンズの前をふさがれ、赤ちゃんのまともな写真は撮れずに終わるのだった(💦
@其の壱

スマホやコンデジで室内にいる猫の写真を撮ろうとした場合、猫にピントを合わせて撮るというのに苦戦されている方が多いように見受けられるんだよね。

ピント半押しでピントが合う「オートフォーカス(AF)」で撮っている人にもピンボケ写真が多いんだけど~どちらにせよ、ちょっと気を付けるだけで、あっという間にまともな写真(?)が撮れるようになるのでちょっとコツをば。



被写体ブレ写真 ささっ君
↑たとえばこれ。これは被写体ブレでピンボケ写真になっているわけ。

ピントは被写体にあっているけども、被写体が動いたことによってボケ写真になっているわけ。これは暗い室内でフラッシュを使わずに猫を撮っている限り致し方ないので(ゑ)OKとし、諦めず大量に撮っていれば使えるのが出てくる(?)。

そんでね、携帯やスマホで撮っている人に多いのがこれ↓
手ぶれによるピンボケ写真
↑これは手ぶれ(撮影中にカメラを動かしてしまうこと)が原因なので、撮影中に動きさえしなければいいわけ。

暗いとこだったら手ぶれし易いので、特に注意をして「脇をぐっと〆て息を止め、スマホやカメラを動かさないように意識しつつシャッターを切り、完全に撮れたと分かるまで動かない」こと。

スマホでもカメラでもそうだけどシャッターを切ったその瞬間に撮れているわけじゃないんだよね。スマホならタッチした瞬間から若干のタイムラグの後にシャッターが切れているので、タッチしたからといってすぐに動くとブレるのである。

動かないようにスマホを固定するのが難しかったら、テーブルや床に肘をついて撮るとか、壁や家具に体を寄せて撮るとか、とにかく動かずに撮るってのが基本なので~これだけでボツ写真がぐっと減るはず。


ということで、モチモチ写真で参加者をお待ちしています💛
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: 0

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/3075-7fbaa3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04