猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

20161128
11月28日 この日の夜、ニャヲハタの作業をやる予定で、夕飯の調理に回す時間が惜しかったので買い食い。

28日=ニワトリの日という事だけは忘れないのだった。


20161128
葉っぱは食べ放題で・・・






20161128
もやしだけ炒めた。






20161129
29日 豚の切り落としで・・・






20161129
しゃぶしゃぶ。





20161129
野菜は食べ放題。





20161129
ごまだれも自家製。使った味噌は、合わせみそ(博多の大和味噌)+赤みそ。

すりゴマと、味噌2種と砂糖とハチミツを酒で伸ばして、鍋で煮詰めたものを瓶に入れて冷蔵保存しているんだけど、これをしゃぶしゃぶの鍋のだし汁で好みのとこまで薄めてごまだれにする。

茹でた大根や焼いたコンニャク、厚揚げなんかに塗って食べると簡単に一品増やせるので、冬は常備している。


20161129 ニャヲハタジャム
で、ジャムを作れば作るほど、味見用の小瓶がどんどんどんどん溜まっていって、冷蔵庫の中にジャムが8種か?もっとか?わからんごと溜まって来て、2号がイライラし始めているので・・・



20161129 ニャヲハタジャム
みかんとリンゴとカボスのミックスジャムを実食。(←割と作るのに時間がかかったw綺麗かろ?)

これね、隠し味(?)で、というか、たまたま料理に使うために国産レモンが1個家にあったので~外側の皮を大根おろし器で削って、ジャムの最後の仕上げの時に足してみたわけ。

そしたらば、甘味はみかん、酸味はカボスなんだけど、漂う香りはレモンで、昔々に食べた外国のレモン味のドロップ?みたいに仕上がって面白い味になっていた。





@其の壱はマブダチへ告ぐ(ゑ)

ジャム用の小瓶もだけど(大瓶は捨てるほどある(ゑ))、なめたけの瓶と、↑のような蓋つきのプリンの瓶。渇望しております(謎。

全工程を独りで、そして手作業で行っているので、一回に作られるジャムの量は限られていて、どうやっても2リットル程度しか出来ないわけ。それを瓶詰めするときに大瓶に詰めちゃうと本数が稼げないので、小瓶小瓶と言っているわけです(💦💦💦



こんどは、温州みかんの実+りんごをごろっと感じるジャムを作ってみようかなと思っているんだけど、いま瓶の在庫がほぼゼロになってきているので~必死で瓶詰の食品を買って消費しているんだけど、追いつかず。



@其の弐

ささっ君
ネタがないので・・・



ささっ君
古い写真で御免よ。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/3162-d3f837ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08