猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

そうついて福博「櫛田神社・節分」編 

2017/02/05
Sun. 15:52

@其の壱 (今日の写真はクリックで無駄に巨大化します@PENTAX、K-50)

2月3日、節分の日に自宅から自転車を漕いで(←初めての自転車での遠出w)博多の中心部にあるお櫛田さんまで行ってきた。

で、パチリしてきた写真をば数枚挙げて、この場を凌ごうかという所存でござる(←朝からいっしょけんめ猫漫画を考えているんだけど思いつけず(💦))

福岡市博多区冷泉町 櫛田神社
こちら、節分の飾りつけをされたお櫛田さんの門のとこ。

お櫛田さんには3か所、門があるんだけどその門全てに↑のような張り子で作ったおたふくの顔が作ってあって・・・
福岡市博多区冷泉町 櫛田神社

この門をくぐリ抜けると、その年1年を無病息災で過ごせると言われている。





福岡市博多区冷泉町 櫛田神社
で、3か所ある門を全て通るとご利益がさらに上がる、という言い伝えである。

2か所は通ったけども、1か所はあまりの人の多さに近寄れず断念した@人混みアレルギーなワタクシ。



福岡市博多区冷泉町 櫛田神社
この神社の中には山笠の飾り山が常設展示されていて、山笠というお祭りの(山(山車)を走らせてタイムを競う)出発点となる場所なのである。





福岡市博多区冷泉町 櫛田神社
そんで、まぁバチバチと撮りまくって来たんだけど・・・








福岡市博多区冷泉町 櫛田神社
なんせ人の顔が写らないように撮るのは至難の業で、使えない写真が山ほどあるという・・・(💦。







福岡市博多区冷泉町 櫛田神社傍の博多町屋
ほんで、これは博多ふるさと館という博多の工芸品を見たり体験したりできるとこで、元は古い町家。





福岡市博多区冷泉町 櫛田神社傍の博多町屋
博多の下町を歩いているとこういう古家が今でもいっぱい残っていて、こんどそういうとこを📷持って歩いてみようかなと、今思ったww。

で、私が行ったのは午後遅くだったので、振舞いぜんざい250円は売り切れていて、だから・・・


福岡市博多区冷泉町 櫛田神社傍の博多町屋
人が一人も座っていなかったので撮影出来た。



後ろのマンションが無ければいいのにと思いつつ撮ったんだけど、今気づいたけど、このマンションがワシんちのマンションに似ている(爆。




福岡市博多区冷泉町 櫛田神社傍の博多町屋
この傘を撮りたくてもぞもぞしていたら、座っていたお客さんが顔を隠して下さったのでパチリ。




福岡市博多区冷泉町 櫛田神社傍の博多町屋 お土産屋さん
ほんでね、ワシは原住民なのでお土産屋さんとか入ったことがないけんが、宣伝のためにと潜入し撮って来た@博多人形、なぜか猫が多い+キティちゃんがいた!



福岡市博多区冷泉町 櫛田神社傍の博多町屋 お土産屋さん
博多献上帯地で作った小物や山笠関連のお土産が置いてあったんだけど・・・






福岡市博多区冷泉町 櫛田神社傍の博多町屋 お土産屋さん
キティちゃんって何にでもなるんだなと、それに一番驚いた(爆。





ささっ君
@其の弐

「そうつく」とか「さるく」というのは北部Q州の方言で、ぶらぶら歩くとかいう意味。

「あるこー♪あるこー♬わたしはーげんきー♬」って歌詞を「さるこーさるこー♬」に変えて、ささっ君を抱っこして歌いつつ家の中をさるくのが、ささっ君とワタクシのマイブームである(???







@其の弐

某カメラマニアのおねーさんが、もしもご近所なら、一緒に📷持ってそうついて撮るとにねぇ、残念(爆。

カメラって、持ち出せさえすれば撮りたいもんばっかでさ、1000枚ぐらいあっという間やけん、レンズのカビ予防&リハビリ(?)にいいよね。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/02/07 09:24 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/3216-06bf0f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04