猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

3泊4日の旅行を終え、家のドアを開ける直前、カメラを手に持って入ったのである。

猫が出迎えてくれるシーンを撮って見せようと思ってのことだったんだけど、ただいまと家のドアを開けたら猫がおらんワケ。

一匹も。こんなことは滅多にないわけ。

そんで、出迎えがないなんてコンニャロメと思いつつ、部屋に入っんだけどリビングにも猫が一匹もいない。

で、和室に入ったら・・・

ささっ君
カメラから目を背けるささっ君@スネスネモード

で、もう一個の椅子には・・・





うー兄ちゃん
やっぱりカメラを見ないうー兄ちゃん@スネスネモード

で、キッチンから出てきた2号の話を聞いたんだけど、2号が話すには
ささっ君
(↑動き始めても依然として私を見ないささっ君)

㋠「初日の夜はささっ君だけあたしの部屋にお泊りに来たけど、夜中の3時ごろ玄関に行って絶叫し始めてね「まぁーーーーーーーーーーうーーーーーーーーーーーーー
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」って泣くんよ。

㋠そんでね、翌朝はご飯は食べたけど昼間は寝たっきりで(2号は休みだった)
夕方になってまた「まぁーーーーーーーーーーうーーーーーーーーーーーーー
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」って泣いて騒いでね。
ささっ君
(↑依然として目を合わせないささっ君)

㋠この晩も寝たっきりだったんだけどね、夜 歯磨きして寝ようと思ったら
あたしのベッドにうー兄ちゃんとささっ君が寝ててね。
2日目と3日目は、あたしのベッドを乗っ取られて、もう全然寝られんでね。
㋠だってさ、2時とか3時とかに、ささっ君が玄関で
「まぁーーーーーーーーーーうーーーーーーーーーーーーーあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」って赤ちゃん泣きし始めるもんやけん、いっっちょん寝られんかったと。
今度、旅行に行きたかったらささっ君とうー兄ちゃんも一緒に連れていって貰わんと、あたし 寝不足で死ぬけん」だと・・・。


結局、ささっ君が私のそばに来て触らせてくれるまで小一時間かかったので、かなりスネスネってたんだろうと思う(💦。


@其の壱は近況報告

10日から、3泊4日の旅に出ていたので、数日どころか8日もブログの更新が出来なかったんだけど~御免。
ココを覗いてくださった方々には、ご心配をかけてたんじゃないかと思いつつ近況報告をば。

ワタクシは、猫を飼っている間は家を空けない、遊び目的で外泊しないと宣言していたんだけど
今回は3泊も外泊してきたわけ。
というのも、6月に博多で女子会をしようと言ってくれていたお友達が
体調を壊されて入院されたんだよね。
で、幾らなんでも博多まで来るなんて体力的に無理だろうと思い、ワシの方から
逢いに行こうと思い立った次第である。

場所は帯広。

北海道といえば動物園好きの憧れの土地であるからして
帯広に1泊し、翌日旭川に移り1泊、札幌に移り1泊、そんでおまけに動物園巡りもしてきたという(??

同居人のチッチキチーは、ワタクシが家を出るその直前まで
1泊で帰ってくるんだろうと思っていて、、イタチの最後っ屁みたいに家を出る直前に
「土曜の夕方に帰ってくるけん」と告げ
3泊4日で家を空けるんだと知ったわけ。

その時の2号の顔は
絶望と不安を絵にかいたらこんな顔かなと思わせるような変な顔をしていた。

なんせ、数時間帰りが遅いだけで絶叫して泣く笹君がいったいどうなるのか?
ワシにも2号にも分らんかったわけ。

でワシはというと~1日目に無事友人のご尊顔を拝顔し
2日目で旭川動物園を攻め
3日目、札幌に戻ってジンギスカンを食べ
4日目、出立前に朝からドタバタと円山動物園を攻め(ヲイヲイ
今回の旅行を無事、終了と相成った次第である。




そんでね、↑ここまでは昨日書いていたんだけど、今日の朝。

逢いに行ったお友達「獅子丸団子」しゃんが鬼籍に入られたとお知らせを戴いた。

もっと早く、ちゃんと会話できるうちに訪ねておけばよかったと
今は後悔ばかりだけど、きっと彼女はワシたちがお見舞いに行くからというのを
心待ちにしてくれていて、そして頑張って頑張ってここまで生きていてくれたんだろうと思う。

逢いに行くねなんて言ったもんだから無理させてしまったんじゃないかなとそれも後悔だけど・・・
今頃はきっと、先に逝った愛猫しぃーちゃんとくろちゃんに逢って再会を喜び合っているんじゃないかな。

痛みも苦しさもない世界に旅立ったんだもんね。

泣いても泣いても涙が止まらんけど、でもきっと獅子丸しゃんのことだから
笑える😸漫画を楽しみにしてくれていると思うので、ここは通常通りの運営で御座る。

ささっ君






ささっ君
獅子丸団子しゃんとリレーで猫漫画をやってたんだけど、始まりは2015年だったみたい↓

↓良かったら笑ってやってください。楽しいことが大好きな人だったから
きっと、悲しまないで欲しいと思いつつ逝ったと思うので。

リレー猫漫画まとめ@其の壱

リレー猫漫画リレー@其の弐






@そして、わたしと同じように獅子丸しゃんのお友達だった方へ。

私は彼女の病状が悪いのを知っていて、それで逢いに行ったんだけど、彼女はきっと「元気で明るい獅子丸団子しゃん」のままで皆さんの記憶の中にいたかったんじゃないかなと、現実をお知らせできなかったのを許して下さい。




スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/3292-ce001600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08