猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

ちょっと手芸熱が上がって来ていて、夜の時間が惜しくて連日手抜き料理でお恥ずかしい限りなんだけど・・・

20170711
7月11日 豚足の塩焼き。

下茹でするときは大量に圧力鍋に突っ込んで茹で、それを冷凍しているので、食べるときはオーブンに突っ込んで焼くだけである。





20170711
ウズラ串(買ってきた)






20170711
パリパリ焼きそば、ドスコイ盛り。


↑の皿は小石原焼といって、今回の北部九州豪雨で甚大な被害を受けた『東峰村』で作られる、歴史ある焼き物なのである。

で、この焼き物の里は

↑こんな感じで、小さな集落に窯元が点在しているんだけど、ここが今回の豪雨で甚大な被害を受け、未だ行方不明者がいる状態なのである。

だからして、窯の再開がいつになるのかどころか、道路を問題なく通れる日までどれぐらいかかるか分からないわけ。
20170711
↑この文様は「飛び鉋(とびかんな)という。小石原焼の代表的な文様である。

こういう素朴な和食器が最近人気で、ネットやデパート等の展示会で売られていることも多いと思う。

なので、この模様を見たら「買えば被災地の応援になるんだ」と、覚えておいてくださいませ。



陶の里小石原の風景
こんな風な長閑な村なんだけど、今は村に通じる道路の4本すべてが被災していて、一時は集落全体が孤立するほどの被害を受けているので、いつ通常の生活がこの村に戻るのか分からない。




陶の里小石原の風景
小石原焼は・・・




20170625
普段使いの皿を作るので・・・





20170429
我が家の生活に密着している。




小石原焼 岩田屋百貨店にて撮影 2016年10月25日
わたしも「もうこれ以上、お皿は増やさんけん」とか言わんで買うけん・・・



小石原焼 岩田屋で撮影 2016年10月25日
頑張って復活して欲しい。






陶の里小石原の風景
小野窯のお店のお母さん、ご無事かなぁ。






スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/3342-f71688a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11