猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

20170730
7月30日 厚切りステーキ+野菜炒め。

本気でダイエットを考えるべきなんじゃないかと思っているとこなんだけど
飼い主2号が29日の肉の日の広告の品アンガス牛厚切りステーキを買ってきた(💦。




20170730
焼き茄子。



20170730
自家製の柚子胡椒で食べる(左の液体はカボス汁+柚子胡椒)






20170730
ダイエットという文字が頭にはあるんだけど・・・飲み比べ(💦。

20170731
7月31日 長崎県産マグロの刺身。






20170731
茹でオクラ(ポン酢で食べる





20170731
食べ放題の枝豆。

2号は犬臭いといって食べない。





20170731
鶏肝のウーシャンフェン(五香粉)煮。






で、この日のメインは珍しく・・・


20170731
白ご飯でおにぎり。

梅干しを・・・

20170721 梅干し 天日干し
2週連続で週末に干していたんだけど、2号が「美味しそうやん、食べそうになった」とか言うので味見させた次第。

古梅も美味しいけど、新梅はフルーティーで格別の味わいである。

チッチキチー(飼い主2号)が遺伝で高血圧気味なわけ。

そんで、彼女は塩分を制限しているので、梅干し1個が大き過ぎると塩分量が上がるからというので、今年は中粒の南高梅にした。

私も、ご飯は最近160g~180g程度しか食べていないので中粒で十分だなと思った。








@其の壱は埼玉県こども動物自然公園のマヌルネコの話

マヌルネコってのはヤマネコの一種でモンゴルとかゴビ砂漠とかに生息している小型の山猫なんだけど、毛皮目当ての狩りや、殺鼠剤の使用により餌が減り、生息数が減っていて絶滅が危惧されている種なのである。

で、激減しているから動物園で増やそうじゃないかってことで、世界中の動物園が手を組んで「ブリーディングローン」なんかをやっていて(繁殖のための貸し借り)努力しているんだけど~
マヌルネコはウイルスや感染症に弱いらしくて、動物園での飼育自体が難しいんだそうな。

で、その貴重なマヌルネコが3歳の若さで、ストレスによる体力の低下から肺炎を起こして死んだわけ。

5匹の子を産んでくれたまではよかったんだけど、マヌルネコの子猫を見たい、可愛い姿を撮りたいという人々が殺到し、フラッシュやAF補助光やスマホのライトを浴びせられ死ぬほどのストレスを抱えていたんだと思われる。

加えて5匹もの子の育児中だったわけで・・・。

子供が生まれて、マナーの悪い客が殺到するのは分かりきっていて
シャッターを焚くなとかAF補助光を使うなとかいう警告が通じなかったのなら、子供が1歳頃まで非公開でも良いんじゃないかなぁ~っと、死んでから思っても遅いけど。

暗い場所で撮ったのに綺麗に写っている写真を拝見したらば「ワー凄いなー」って感動していたけど、どうやって撮っているのか?そこまで考えて見なきゃなと思う今日この頃。




@其の弐

ささっ君
紀元前3000年頃に始まった古代エジプト文明がイエネコの発祥の地とされているけど~最新の判定技術を用いて調べ直してみたらば1万年前にはすでに人と猫が共存したらしいという事が分かっている。

(今のとこ、世界最古の人と猫とが暮らした跡はギリシャの離島?だったかな。日本の対馬にも人と猫の骨が同時に発掘された場所がある)

だけど、その1万年前に人と一緒に暮らしていた猫が家猫なのかヤマネコなのか、その判別は現在の鑑定技術では明らかに出来ないんだそうな。

それは、ヤマネコとイエネコの差が、フランス人とイタリア人の差ほどしかないからなのだそうで(日経サイエンス情報)それだけ、イエネコとヤマネコの差は少ないという事なんだろうと思う。



ささっ君
動物園の山猫を見て「飼いたい」「綺麗に撮りたい」なんて思う人は、外に出て野良猫を拾ってくれたら良いのにと、いつもそう思っている。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/3357-2d294dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08