猫と活字中毒者の私生活切売り日記

広義の推理小説好きなmadaraが飼い猫きなみ社長、雲丹専務、笹身部長との日常を綴ります。

@其の壱

昨日は世界ゾウの日で一昨日は世界ライオンの日。どちらも絶滅が危惧されている動物である。

だけども、私の頭の中はここ数日ずっと・・・・




キリンの日、なんだよねぇ。

何度も書くけど、広い場所を存分に駆け回っていればキリンの足はこんな風にはならないのである。
運動量が豊富だと蹄が削れるからね。

猫も一緒だけど、家猫は外猫みたいに硬い場所を歩き回らないから爪が伸びる。だからメンテが必要で定期的に爪を切るのである。

キリンも、たとえ野生動物でも、飼養している環境が悪くて爪が伸びるのなら、切ってメンテナンスしなきゃならんと思うんだよね。

爪が伸びるたびに足を痛めて、そして死なせるのなら、その動物園にはキリンを飼う資格はないんじゃない?。



たくさんの動物園が「臆病なキリンにトレーニングを施して蹄を削るように慣らすことなんてできない」って言ってるけど、やってる園もあることを理解して欲しい。




やれば出来るのに、見殺しにするのか?っと。



でね、私が一番許せないなと思うのは、この状態の子を♂と同居させて、妊娠出産までさせているってことなんだよね。

ユズちゃんは、いつ倒れて死んでもおかしくないのに(キリンはアンバランスな進化を遂げたゆえに、1本の足を傷めても転倒に繋がり、それが死へとつながる)繁殖させたって鬼じゃない?。

繁殖のために動物園で動物を貸し借りする場合(契約にもよるけども)生まれた子の頭数の奇数番目の子は繁殖させた園に権利があって、偶数番目に生まれた子は動物を貸し出した方の園が獲るというような方法で子を分けるんだそうで、だからしてこの園はユズちゃんが生きているうちに2頭産ませたかったんじゃないか?っと邪推したくなるわけよ。


動物園が好きで動物園に通われている皆さん、キリンが床に寝ている光景なんてのは
そのキリンの足に異常があるからなのかもしれないと覚えておいてくださいませ。

キリンの足のコブ タコ
今日の記事はあっちゃこっちゃでシェア・拡散してくださいませ。間に合いますように。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://madara66.blog55.fc2.com/tb.php/3366-d0925796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10